読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一寸先は沼

予定は未定

骨がぽきっとね。

居酒屋から歩いて帰る時に派手にこけてしまった。酔っ払っていたわけではない。鳥目なのにトイレに行きたくて足早で帰ったから転けたのだ。(田舎だから街灯がない)

朝起きたら足が動かなかった。
足を付くと激痛が走り、変な声が出た。
それでも、ゴミ出しだけはしなければという思いで泣きながらゴミ出しを済ませた。多分これがトドメだったと思う。
だって、変な音したもん。

病院に行こうと思ったが車までたどり着けないのと、あまりの痛さに声を出してわんわん泣いた。

普段なら病院に行くのを渋るのに、病院に行かないと多分ヤバいと思った。119に初めて電話を掛けた。遠くからサイレンの音が聞こえた。

上半身は元気だから、脈や血圧を測られたりするのが不思議だった。搬送隊の人が血圧の低さにびっくりしていたが、いつものことだから驚かなかった。

病院に着いたら怖くなって震えが止まらなくなり涙が出た。

レントゲンを撮ったらがっつりと骨が折れていた。ヒビじゃない、折れていた。本当に痛かった。

ギブスを巻いて貰い、松葉杖のリハビリをするもののどうもうまく歩けない。

近くに身内がいない上に、松葉杖で歩けない私を見兼ねて看護師長さんが駅まで車椅子を押してくれた。なんとかJRに乗って最寄り駅までたどり着いた。

普段なら歩いて5分の距離が歩けなかった。タクシーを呼んだ。呼んだはいいけど、家の玄関の階段に難儀した。固いコンクリをハイハイで移動した。

家に帰ってからもハイハイとお尻歩き移動だった。

その日の晩御飯はちくわ2本だけしか食べられなかった。


骨折って怖い!


今はキャスター椅子を使って移動しているので多少の家事はできる。が、仕事に行けない。忙しいゴールデンウィークに出勤できなかったので職場に迷惑を掛けたのが悔やまれる。
早く復帰したい。