読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一寸先は沼

予定は未定

昔の男にグッバイバイ

先日のや雑誌解体の延長から、少し前まで好きだったアイドルグループのグッズを整理している。

でるわ出るわ。
公式写真、うちわ、ペンライト、コンビニとのコラボグッズ...。

少し前までは手放せなかったものばかりだったのに、肩の荷が下りたのかスムーズに作業が進んだ。

この感情、なんだろう...
そうだ!
「別れた男との思い出の品を片付ける女の気持ちだ!」

過去に交際していた人はいたものの、写真を撮られるのが嫌いなので彼氏がいた時の思い出の写真は一枚もないし、プレゼントを貰ったこともない。だからそんな感覚を味わったことはないのだけど。

当時は夢中になって集めたものを懐かしく眺めた。今は昔とはこの事なのだろう。

今も別グループのグッズを購入しているが、また同じことを繰り返すのだろうか。だが、これまでの経験を元に本当に欲しいものだけを選ぶようにしている。

なので、推しグループの所属している某エイベ○クスには異常な複数販売は控えていただきたい。

俺の大福餅

和菓子はそこまで好んで食べないのだが、道明寺粉を使った桜餅、みたらし団子、水まんじゅう、大福餅である。水まんじゅうを除いた3種は塩気が効いているのが好きだ。

中でも大福餅が好きだ。何がって好きってあのビジュアルが可愛いし、手触りのムチムチむにゅむにゅした感触、食べた時のあの柔らかい感触!
f:id:sakeumai:20150325161738j:plain
おっと、いけねぇ!間違えた!

f:id:sakeumai:20150325161503j:plain
こだまのおしりを彷彿させるあのモチモチ感が大好きだ。


大福餅を買うとしばらく揉んでしまう。
行儀が悪いと思うがやめられない。

大福餅の可愛さは誰もわかってくれないのだが、確かに奴は可愛いのだ。間違いない!

昔からスクイーズ人形も好きだったし、最近はニトリのモチモチクッションを揉みしだいたりもしているから柔らかくてすべすべしてモチモチしたものが好きなのだろう。

大福餅の手触りとむちむち感を再現した何かを早く作って欲しい。

いざ参らん、ドル誌の山!

いい加減片付けなければ。

月に5冊も買っていると雑誌の保管場所に困ってくる。
ものぐさな性格のせいか、買って満足してしまうこともしばしばで袋から出していないものも多々ある...。

好きなグループの他に、これから気になる子が今ここに載っているかもしれないと思うとなかなか解体できなかった。実際キスマイもこれで多々手放してしまい悔しい思いをした。それでなかなか手をつけることができなかった。


なんだかんだで、キスマイ、JAMP、松島聡ちゃん、マリウスちゃんをメインで残すことにした。Jr.も気になるが心を鬼にした。

悩みに悩んでこれまで手をつけてなかった雑誌の解体をした。

我が家の電子レンジはターンテーブル式なので雑誌の解体には不向きだ。

アイロンは時間がかかるし、ドライヤーは物が飛び散るし、音がでかいのでテレビやラジオの音が聞こえない。

そうか、こいつを使う時が来たか。
ハロゲンヒーターの前で雑誌を持って少し待つと面白いほど糊が溶けて剥がれる。
しかし、持ってるのが面倒。

f:id:sakeumai:20150324101506j:plain
箱の上に重ねてまとめて加熱することにした。

これはいい!

一冊解体しているうちに他の本の糊もいい塩梅にとろけている。溶けすぎてチーズのように伸び、納豆のように糸を引くのだがそこはもう気にしない。面倒くさがりなのだから。

表紙に残すページを挟んだ。それだけ。
ものぐさなのでファイルに入れるのも億劫なのだ。

3時間で30冊以上は解体(分別含む)できた。

解体した日は気温が高く、室温も20度を超えていた。そんな中ハロゲンヒーターをつけてその前で作業しているのだから真夏日のようたった。
汗をかきすぎて軽い脱水症状になったのでこまめな水分補給をお勧めしたい。

等身大パネルをつくる

体調不良の中、私は遠い隣町のダイソーまで何を買いに行ったのか。
スチレンボードを求めていたのだ。

え、何をつくるかって?

等身大パネルを作ろうと目論んでいるのだ。


f:id:sakeumai:20150315195911j:plain
450×840×5㎜を2枚用意。
しっかりとテープで留めて連結させたものに両面テープで貼り付けて周りをカットしていく。
カットするのがなかなか難しい。厚みがあるのでハサミも使いにくい。カッターもうまくやらないと端がポロポロとなる。


f:id:sakeumai:20150315200548j:plain
ひたすら切って完成した。

f:id:sakeumai:20150315201122j:plain
ねぇ、いつまで待たすんだよ。

こんな遊びもできる。
切り抜いただけと違い、陰ができてよりリアルだ。
これで1人でも寂しくない。

ちなみに私はセブンくじのタペストリーでクッションカバーも作った。
寂しくなんか...ない。寂しくなんかない。


やっちゃった!

親との口論の末

いい加減結婚しろ、身を固めろとしつこく言われてカチンときたのだ。

うるさい!相手がおったら結婚するわい!

人生うまくいかない。浴びるように酒を飲んだ。
大好きなリンゴのハイボールのチェイサーが二階堂(濃いめの水割り)だった。
途中で意識が数度飛び、目が覚めたらまた酒を飲んだ。かなりのハイペースで。
多分7時間ぐらいは飲んでいたと思う。

f:id:sakeumai:20150315183714j:plain

いつまでたってもまだ飲める!

f:id:sakeumai:20150315183728j:plain

いつまでたっても食べられる!


寝たのは空が明るくなった頃だった。

12時のチャイムで目が覚めた。
本当は10時頃に起きたかったのに。

寒気がして味噌汁が飲みたくなったぐらいで、頭は痛くないし、余裕だと思った。

f:id:sakeumai:20150316163312j:plain
大天使ミソシル様

味噌汁は美味しかった。大天使ミソシル様は優しく包み込んでくれた。2杯も飲んだ。

ダイソーに行きたくて隣町まで車を走らせた。
(何を買ったかは後ほど)
f:id:sakeumai:20150315184043j:plain

どうも気分が悪い。
スーパーでグリーンダカラちゃんを買った。飲んで調子が悪いときはダカラちゃんを飲んだら大丈夫なのだ。

f:id:sakeumai:20150315184234j:plain
だが、効かなかった。
駐車場でダカラちゃんを飲んで休んでるうちに吐き気まで襲ってきた。だが、ポン酢と豆腐を買わねば...町内のスーパーには味ぽんしかないのだ。味ぽんは塩辛いからあまり好きではない。豆腐も町内は馬鹿みたいに高い。

スーパーに薬屋が入っててよかった。
カートに全体重を預けて店内を歩いた。時々込み上げてくるものがある。恐ろしい。必要最低限なものをカゴに入れた。酒がないから買おうと前日まで思っていたのに気持ち悪すぎて買わなかった。
長距離を運転して帰られるだろうか...。田舎だから隣町と言ってもかなり遠い。

f:id:sakeumai:20150315184843j:plain
液キャベだ!

無縁と思っていた液キャベ白ラベルを買った。
f:id:sakeumai:20150315185007j:plain

まずい!

こんなまずいもののCMをしてたのか、きみたちは...。

胃がカーッと熱くなるのは生姜とか体を温める成分が入っているからなのか。次第に体がポカポカとして胃が動き出したような気がした。


二日酔いには大天使ミソシル、ダカラちゃん、液キャベ。覚えておこう...。


フォアグラとトリュフのビビンバを作ってみた。

Kintanのフォアグラとトリュフのビビンバが美味しかった。結局東京滞在中2日も連続で食べた。
f:id:sakeumai:20150311154704j:plain

ランチではサラダとスープ(お代わり可能)、デザートが付いて1500円だった。最高だった。

住んでいる田舎町に帰ってきてすぐに東京シックになってメソメソした。
f:id:sakeumai:20150311153742j:plain

そうだ、自作しよう。

遠く離れた隣町のスーパーにトリュフが売ってたのを思い出して空港から帰る途中に寄って買っておいたのだ。
f:id:sakeumai:20150311153942j:plain
トリュフ(3粒)とトリュフのスプレー


まず土鍋を火にかけてバターをなじませる。熱々のご飯を入れ、醤油を回しかけてしっかり混ぜる。ご飯自体に味がしっかりついていたはずだ。
買ったばかりのトリュフを薄く切る。貧乏性なのでこれは大切に使いたい。
フォアグラ缶もトリュフの横に売ってたのだがこれは高すぎた。なので代用品として冷蔵庫から食べかけのイベリコ豚のレバーペーストを取り出し、上に載せトリュフとネギを散らし、トリュフスプレーを振りかけた。

f:id:sakeumai:20150311154520j:plain

それなりに見える!!!

混ぜて食べた。

本物は多分トリュフオイルを使ったりして香りがしっかりしてるし、フォアグラから脂が滲み出て濃厚だが、こちらは米がバターを纏ってるような感じで店で食べた物よりは軽い。脂分はこれぐらいでもいいかもしれない。ただ、欲を言えばもっと香りが欲しい。

自作とはいえ、3日連続で食べた。満足した。



ホットケーキがうまく焼けない


料理にはそこそこ自信がある。
簡単なものならアジア料理、中華、フレンチ、和食、イタリアン、なんでもできるつもりでいるし、ベーコン、燻製、からすみなんかも自分で作る。

周りからは「板さんだよね」と言われるが、決して「お料理できて女子力高ぃょね!」とか言われたことがない。
f:id:sakeumai:20150311112226j:plain
鹿のロースト

f:id:sakeumai:20150311112230j:plain
乙女ぶったふわふわフレンチトースト

ホットケーキは下手くそ

だが、なぜかホットケーキがうまく焼けない。
分量通り計って混ぜて焼くだけなのに。

f:id:sakeumai:20150311111507j:plain
このザマよ...。

まず見た目が悪い。
丸く焼けないのだ。上から流したら丸になるはずなのに。

そして、中に火が通らない。そんなに分厚くしたわけではない。普通の厚みだと思うのに、周りだけ焦げて黒くなり中はトロトロ半熟状態。まったく意味がわからない。

コンビニでバターとシロップの挟まってるホットケーキを買って食べたが感動した。ふわふわで歯がなくても食べられるだろうし、頬張りすぎると喉に詰まりそうなぐらいモチっとしている。あんなの作れたことがない。
誰か作り方を教えて欲しい。

ちなみに恥ずかしながらゆで卵も作れなかった。一度もうまくいったことがなかったが、ゆで卵タイマーを手に入れてから失敗することがなくなった。

ホットケーキも上手に作れる秘密道具はないのだろうか...。

f:id:sakeumai:20150311113540j:plain